「バターリッチ食パン」ホームベーカリーで簡単に焼けて夕食にもおすすめです!

こんにちは、なおです!

我が家ではよくホームベーカリーでパンを焼いたり、お餅をついたりしています。

今回は「バターリッチ食パン」を焼きました。

バターの風味が良くシンプルな味で、夕食などにぴったりの食パンです。

目次

材料

我が家にはホームベーカリーの本が数冊ありますが、今回はその中から「荻山和也 x cuoca ホームベーカリーの本」より「バターリッチ食パン」を参考にさせていただきました。

ホームベーカリー 1斤分

  • 強力粉 250グラム
  • ドライイースト 3グラム
  •  168グラム
  •  3グラム
  • 砂糖 15グラム
  • バター 50グラム

ドライイースト
ルサッフル社の「サフ インスタントドライイースト(赤)」、通称「赤サフ」を使用しました。

バター
レシピ本には無塩バターとありましたが、うちにはなかったため普通の有塩バターで代用しました。

バターリッチ食パンの材料

作り方

下準備

パンケースにパン用の羽根をセットして、ドライイースト以外の材料を入れます。

パンケースrに材料をセット
水以外を入れたところ

材料を入れ終わったら、パンケースを本体にセットします。

ドライイーストは、上部にあるイースト専用の場所「イースト容器」に入れます。

全てを入れ終わったらフタを閉めて準備完了です。

パンを焼く

バターリッチ食パンは、ホームベーカリーの「基本の食パンコース」で焼きます。

  • コース:食パンコース(メニュー1番)
  • レーズン:なし
  • 焼き色:標準

うちのパナソニックのホームベーカリーでの設定になります。

パンのコースと予約時間などを設定したらスタート!
今回も夕食の時間に設定しました。

なおのアイコン画像なお

材料をセットして、ピピッと設定するだけ。
超簡単です^^

できあがり

予約時間が近づいてくると、いい香りがただよってきます。

焼き上がりをピピピッと知らせてくれます。

蓋を開けると綺麗にふくらんでいました。

パンの取り出し方

パンケースを置くためのふきんか鍋敷き、ミトン、取り出したパンを置く網を準備しておきます。

ミトンを手にはめ、パンケースを取り出してふきんなどを敷いた台の上に置きます。

パンケースはめちゃめちゃ熱いので、やけどに注意しましょう。

両手でパンケースの側面を持って横にし、前後に数回振ってあげます。

パンケースの側面は取っ手の根元くらいが持ちやすいです。

すると、パンが出てきますので、網の上に乗せて完了です。

パンケースにパン用の羽根がちゃんと残っているか確認しましょう。
もしパンケースにパン羽根がなかったら、パンの中に入っているので取り出しましょう。

焼き上がり

いただく

バターが通常の食パンの何倍も入っているので、焼き上がって取り出したパンのまわりにはうっすらバターがにじんでいます。

パンの香ばしさとバターの風味でめちゃめちゃいい香り^^

さっそく切り分けていただきました。

切ってみる1

トーストするのはもったいないと思ったので、今回は焼かずにそのまま。

小麦の味が楽しめるシンプルな味で夕食のお供にピッタリです。

切ってみる2

いつもながら三人で1斤をあっという間にたいらげました。

参考にしたレシピ本

荻山和也 x cuoca ホームベーカリーの本

2011年発行と結構前の本になりますが、ベーシックなものからお食事パン、おやつパンなど70種類くらいものレシピが載っています。
(この本自体の販売は終了しているようです・・・)

いつも参考にさせていただいています。ありがとうございます。

Amazonリンク:https://www.amazon.co.jp/dp/486199361X/(外部リンク)

まとめ

パンの香ばしさとバターの風味が良いちょっとリッチな食パン。

今回もシンプルな味のパンなので、いろいろな料理に合います。

基本の食パンコースで焼くだけなのでとても簡単です。

よろしければぜひ一度お試しください^^

コメント

コメントする

目次
閉じる