さっと簡単おつまみ「ピーマンの焼いたん」

こんにちは、なおです!

ちょっと久しぶりの「さっと簡単おつまみ」のコーナー。

今回は、第4弾「ピーマンの焼いたん」です。

えっと・・・それっぽく言うと「ピーマンの素焼き」。簡単に言うと「ピーマンを焼いただけ」。

しかし、これがまたおいしいんです。

目次

ピーマンの焼いたん

数年前のことです。

親戚の叔父さんが家庭菜園をやっており、そこで採れたピーマンをおすそ分けしてくれました。

また、おくさんの勤め先の方にピーマンが好きな方がいて、その方がいつも食べておられる食べ方を聞いてきてくれました。

おくさんの知り合いのアイコン画像おくさんの知り合い

私、ピーマンは丸ごと焼いて、そのままいただくのが好きなの

とのこと。

なおのアイコン画像なお

言われてみれば、そのままって食べたことないなぁ

せっかく採れたてのピーマンがあるので試してみました。

教えてもらったとおり、丸ごと焼いてポン酢をかけて食べてみると、これが実においしい!

ピーマンのおいしさが、そのまま味わえます。

家族みんなが気に入って、みんなヘタだけ残してタネの部分も全部まるごと食べてしまいました。

それ以来、我が家では今でもピーマンの食べ方1位になっています。


このコーナーの趣旨については、第1回をご覧ください。
(そんなおおげさなものではないですが・・・)

材料

ピーマン

材料は、超シンプル

  • ピーマン 好きなだけ
  • ポン酢

ポン酢」は、以前ご紹介した「旭ポンズ」がほんとおいしいのでおすすめです!

作り方

ピーマンの焼いたん」の作り方をご紹介します。

といっても、ほんととっても簡単です。

STEP
ピーマンを洗う

ピーマンをきれいに洗ったら、キッチンペーパーなどで水気を拭いておきます。

ピーマンを洗う
STEP
ピーマンを焼く

魚焼きグリルにピーマンを並べたら焼きます。

うちの魚焼きグリルでは、中火から強火くらいの火力で9分焼いています

お使いのグリルによって火力が異なるので、様子を見ながら調節してください。

ピーマンを焼く
STEP
ポン酢をかけたらできあがり

お皿にのせたら、ポン酢を少しかけてできあがり!

いただく

ピーマンの焼いたん

料理というかなんというか、まさに「ピーマンの焼いたん」です。

なおのアイコン画像なお

熱々のうちにいただくのがおすすめです

かぶりつくと水分がジュワッと出てきて、ピーマンって結構ジューシーなんだなと知りました。

シンプルな食べ方なので、甘みや旨み、香りなど、ピーマン本来のおいしさを味わうことができます。
不思議と苦さはあまりありません。

我が家では、いつもヘタ以外、丸ごと全部いただいています。

ぜひ一度お試しください。

コメント

コメントする

目次
閉じる