マウスのホイールが調子悪くなったので掃除してみたら直りました

こんにちは、なおです!

1ヶ月ほど前から、長年使っているマウスのホイールが調子悪くなりました。

買い換えようかとも思いましたが、その前に一度掃除してみました。

すると、何事もなかったかのようにとても快調になりました。

目次

愛用のマウスと症状

私がメインで使っているデスクトップPCには、おそらく10年くらい使い続けているマウスがつながっています。

数台のPCが代替わりをしてきましたが、その間もずっとこのマウスを使い続けています。

愛用のマウス

マウス

私が使っているマウスは、もう10年くらい前に購入した「Logicool」の「MX400パフォーマンスレーザーマウス」というものです。

私は軽いマウスが苦手なので、それなりの重みがあって、大きめのサイズと手になじむ形が気に入ったので購入しました。

最近はワイヤレスのマウスが多くなりましたが、これはUSB端子につなぐ有線のマウスです。

症状

1ヶ月ほど前からマウスのホイールの調子が悪くなり、前後に回しても画面のスクロールがちょくちょく引っかかるようになりました。

ホイール
マウスの左ボタンと右ボタンの間に付いている、前後に回すことができる車輪みたいなコロコロです。
前後に回すことで、PCの画面では上下にスクロールすることができます。

全くスクロールしなくなったわけではなく、カクッカクッと引っかかったり、調子が悪いときにはホイール半周分くらいスクロールしません。

完全に壊れたわけではないけれど、この引っかかるのが結構なストレスで、急いでいる時や集中している時にはイライラしてしまいます。

掃除をして復活!

そろそろ寿命かなぁと買い換えを検討しましたが、それならばその前に一度中を掃除してやろう思い、休みの日に掃除に取りかかりました。

ネジを外してマウスの中を開けてみてビックリ。
10年分のホコリがホイールの周りにたまっていました。

なおのアイコン画像なお

なんやこれは・・・。

ていねいにホコリを取り除いてからマウスの裏ぶたを閉じて掃除は完了。

いざPCにつないで動作を確認してみると、何事もなかったかのように快調に動作します!

上下にスクロールしてみても、一切引っかかりません。

ちょっと雑にグリグリと回してみても、一切引っかかりません。

なおのアイコン画像なお

直ったー!

10年も使っているので見た目はちょっとくたびれていますがなんのなんの、まだまだ現役でがんばってくれそうです。

やっぱり手になじんでいる愛用のマウスなので、これからも使い続けることができるのはちょっぴり嬉しかったです。

掃除の内容

今回私が行った掃除の内容をご紹介します。

ただし、私は自己責任で行いましたので、その点につきましてはご了承ください。

保証期間などがあるものの場合、保証対象外になってしまうかもしれませんのでお気を付けください。

裏側のシールをはがす

マウスの裏側

マウスを分解していくわけですが、マウスの裏側を見てもネジ穴が見当たりません。

ネジ穴は、4か所あるマウスの滑りをよくする樹脂(ゴム?)のシールの下に隠されています。
(写真の赤丸の4か所)

そこで、まずこのシールをはがします。

私の場合は、シールの端っこに小刀の先を軽く差し込んでクイッと回してシールの端が浮き上がらせ、少しはがれたら後は手でちぎれないように静かにはがしました。

シールをはがすと、その下からネジ穴が出てきます。

シールをはがしたところ

裏ぶたを外す

ドライバーで4か所のネジを外すと簡単に裏ぶたを開けることができます。

マウスの裏ぶたとボタンが付いている上側のパーツはケーブルでつながっているので、ケーブルを切らないように静かに開けましょう。

開けてみてビックリ。
ホイールを支えている軸の部分には、予想以上のホコリがたまっていました。

そりゃあこれだけたまっていたらセンサーも動かないですよね・・・。

ホコリの様子

わりとショッキングだったので、ホコリの部分にはボカシを入れました。
ボカシなしの写真はこちらからご覧いただけます。

まずはマウスを傷つけないようにピンセットでそっとホコリを取り除きます。

大まかに取れた後は、カメラ用のブロアーで細かいホコリを吹き飛ばしました。

ホコリを取った写真

元に戻す

掃除が終わったら、ケーブルをはさまないように注意しながら裏ぶたを元に戻して、ネジを止めます。

最初にはがした4枚のシールは、シールの大きさに切った両面テープを貼り付けます。

両面テープを貼り付ける

4枚とも準備ができたら、元々貼り付けてあった場所にしっかりと貼り付ければ作業は完了です。

作業完了

早速、PCにつないで動作を確認してみたところ、ウソのように快適に動作するようになりました。

もうだいぶ傷だらけではありますが、これからも現役でがんばってくれそうです。

カメラ用ブロアー

今回ホコリを吹き飛ばすのに、普段カメラで使っているブロアーを使用しました。

カメラ用ブロアー

このブロアーは100円ショップ「ダイソー」で購入したものです。

以前はもっと小さいものを使っていたのですが、カメラが趣味の知り合いに「これいいよー」と教えてもらいました。

サイズも大きくてしっかりと風を送ることができるので気に入って使っています。

なおのアイコン画像なお

なかなかおすすめですよ^^

まとめ

今回は、マウスのホイールが調子悪くなったので中を開けて掃除しました。

ホイールには長年のホコリがたくさんたまっていて、これがセンサーの邪魔をしていたようです。

ホコリをきれいに取り除いてあげると、まるで何事もなかったかのように正常に動作するようになりました。

もし同じような作業を行う場合には、保証対象外などになってしまうかもしれませんので、自己責任で行ってください。

愛用のマウスは、これからもまだまだがんばってくれそうです。

コメント

コメントする

目次
閉じる