WordPressでブログを運営する時にはテストサイトがあると便利で安心です

こんにちは、なおです!

当ブログはWordPressを利用して運営しています。

WordPressをはじめ、テーマ、プラグインなどのおかげで、あまり詳しくない私でもブログを用意することができました。

ブログを始めるために調べていたとき、ブログをスムーズに運営していくためにテストサイトを用意しておくと便利なことを知りました。

そして、ちょうどブログを始めるタイミングで、テストサイトもあわせて作りました。

今回は私が使用しているテストサイトについてまとめたいと思います。

目次

テストサイトとは

ここでの「テストサイト」とは、ブログが正しく動作するかを確認するために用意したサイトのことをいいます。

テストサイトを用意する」といってもなにか特別なシステムやプログラムを用意するわけではありません。

ざっくりいうと、本番サイトとは別のところに本番サイトそっくりなブログを用意しましょうということです。

テストサイトについて

本番サイトでなにか変更などを行いたいときには、問題が起きないか、正しく動作するかをまずテストサイトでテストします

テストサイトで問題がなかったのを確認できたら、安心してそれを本番サイトに適用してあげる

というのがテストサイトの大きな目的のひとつです。

WordPressはご存じのように、HTMLやプログラミングなどに詳しくなくても、ブログやWEBサイトを運営することができる便利なツールです。

ただ、便利に利用できるようになっている裏側では、見えないところで複雑で難しいことをしてくれています。(たぶん)

複雑だからこそ、変更を行った際にどんな予期せぬ問題が起こるかわかりません。

テストサイトを利用することによって、よりリスクが少なく安全にブログを運営することができます


また、テストサイトが本番サイトと同じものだからといって、投稿や画像をはじめ細部までサイト全体を、常に全く同じようにしておく必要は私はないと思っています。

私のテストサイトでは、WordPress本体、テーマ、プラグイン、またおおよそブログの枠組み、そしてそれらが動いている環境が本番サイトと同じようになっていればOKとしています。

だいたいのテストができる環境さえあれば良いので、あまり神経質にはなっていません。

(あくまで私がブログ運営するのに必要なテストサイトの規模です。お仕事で開発などされている場合の環境ではありません。何卒ご了承ください。)

テストサイトがあると便利なこと

テストサイトの役割

ここでは、私が今までテストサイトを使ってきて良かったなと思うところをご紹介したいと思います。

大きくまとめると以下の4つです。

  • 本番サイトでアップデート一発勝負は失敗したときが怖い
  • テーマやデザインなどの変更をテストできる
  • 新しいプラグインを追加したいとき
  • 記事のための準備・実験ができる

これらをひとつずつご紹介したいと思います。

本番サイトでアップデート一発勝負は失敗したときが怖い

WordPressを利用してブログを運営していくうえで必要になってくるのが、WordPress本体をはじめいろいろなアップデートです。

  • WordPress本体をアップデートする
  • 使用しているテーマをアップデートする
  • プラグインをアップデートする
  • PHPやデータベースのバージョンを変更する

「アップデートをせずにそのままで」というのもあるかもしれませんが、セキュリティの対策やバグの修正、機能の向上などを考えると、ずっとアップデートしないというのはやはり良くありません。

タイミングを見て新しいバージョンへアップデートすることは必要になってきます

ではアップデートしようというときに、テストサイトがなく本番サイトしかない場合には、アップデートが一発勝負でドキドキします。

というのも、個々のアップデートにおける成功の可否というよりも、アップデートしたことで他との相性や衝突により「うまく表示されなくなった」「プラグインが動作しなくなった」など不具合が起こることが心配だからです

なおのアイコン画像なお

アップデートして、おかしくなっちゃったらどうしよう・・・

もし、本番サイトがうまく表示されなくなったら大変です。
元のバージョンに戻すような作業が必要になったり、そもそも私では早急に対処できるかどうかもわかりません。

そこでまずテストサイトでアップデートを行って、ブログの表示やプラグインの動作などを確認します。

テストサイトで問題ないことを確認してから、本番サイトでも同じようにアップデートを行います。

なおのアイコン画像なお

先にテストしておけば安心ですね^^

たとえテストサイトのアップデートで何か問題が起こったとしても、本番サイトに影響はありません。

その場合にはテストサイトの復旧作業が必要だったり、最悪作り直しになるかもしれません。

ですが、そうなったとしても本番サイトは今までどおり運営できます。

このワンクッションの保険があることは大きなメリットです。

テーマやデザインなどの変更をテストできる

WordPressには「テーマ」の力を借りることで、様々なデザインや機能を実現することができます。

テーマの設定を変更したり、もっと自分でできる人ならテーマ自体を改修する場合などでもテストサイトがあると便利です

本番サイトしかない場合では、公開された状態で直すことはないにしろ、メンテナンス状態にしている間サイトが見られなくなってしまいますし、エラーなどが出た場合にはさらに止まってしまいます。

こんな時でもテストサイトがあれば、十分時間をかけて変更・改修の準備、またテストを行うことができます。

これで完成!」となってから本番サイトへ適用すれば、本番サイトに影響が出る時間をごく短くすることができます

なおのアイコン画像なお

せっかくブログに来ていただいた方に迷惑をかけないように^^

新しいプラグインを追加したいとき

WordPressの特徴のひとつである「プラグイン」。
数え切れないくらいのプラグインがあり、様々な機能を後から追加できるのが魅力ですよね。

プラグインを追加する場合、いきなり本番サイトで行って、もしプラグイン同士の相性などで不具合が出たらサイトへ来られた方がビックリされてしまいます。

こんな場合でも、テストサイトで先にプラグインの追加とテストを行います。

テストサイトでOKとなってから本番サイトにも追加することで、安心して作業を行うことができます

なおのアイコン画像なお

プラグイン同士やテーマとの相性などがあるので、先にテストしておけば安心です^^

記事のための準備・実験ができる

たとえば次のようなWordPressに関連した記事を書こうとするときにも、テストサイトがあれば便利です

  • WordPressの使い方を紹介したい
  • おすすめのテーマを紹介したい
  • 使っているプラグインを紹介したい

本番サイトしかない場合には、投稿を公開しない範囲でテストをしたり、テーマやプラグインでもブログを見る方に支障が出ない範囲でしか作業ができず、なかなか作業がやりづらくなります。

テストサイトがあれば、仮の投稿を作って公開したりできますし、好きなように動作を確認しつつ記事を書くことができます。

たとえば、「プラグインを紹介するの記事」などの場合では、プラグインを一旦削除して再びインストールするところを確認したり、画面をキャプチャしたりもできます。

また私の場合、公開前におくさんに読んでもらいたい記事があるときには、テストサイトの方で記事を公開しておいて、それをスマホでおくさんに読んでもらい意見をもらったりもしています。

なおのアイコン画像なお

ねぇ、これ読んでくれる?

おくさんのアイコン画像おくさん

ここ、材料の切り方はこうですよ

テストサイトを作るときの注意点

ここでは、私がテストサイトを作ったときに気をつけた点をご紹介します。

といっても、ネットで調べた中で自分のブログのテストサイトに必要だなと思ったところだけになります。あらかじめご了承ください。

  • できるだけ同じ環境で作る
  • サブドメインで作る
  • データベースは独立させる
  • 検索エンジンにインデックスされないようにする
  • Basic認証をかける

こちらもひとつずつご紹介します。

できるだけ同じ環境で作る

本番サイトとできるだけ同じ環境で作った方が、テストサイトでテストしたものを本番サイトへ適用するときに、より問題が起こりづらくなります。

そこで私は、本番サイトと同じレンタルサーバー上に、テストサイトを作りました

データベースやPHPをはじめ、サーバーの環境を同じにできるからです。

そのうえで、WordPressやテーマのバージョンや各設定、また追加したプラグインなども同じにしました。

なおのアイコン画像なお

これで本番サイトと動いている環境がほとんど同じになりました

サブドメインで作る

テストサイトのURL(アドレス)を決めるとき、「サブドメイン形式」「サブディレクトリ形式」から決めることが多いと思います。

例:
サブドメイン形式 : https://test.korenasorena.com/
サブディレクトリ形式 : https://korenasorena.com/test/

テストサイトを用意する場合、「サブドメイン形式」で作る方がおすすめです。

サブディレクトリ形式の場合、本番サイトと比べて1つ階層が下がったものになるため、使い方によってはリンクが切れたり画像が表示されなくなる場合があるためです。

データベースは独立させる

テストサイトのWordPressが使用するデータベースは、本番サイトとは別に用意して分けましょう

テストサイトに何かあっても、本番サイトには影響が出ないようにするためです。

私の場合はエックスサーバーを利用していますが、サーバーに用意された「WordPress簡単インストール」では、通常は自動でデータベースも作ってくれる設定になっているので、別途何かする必要はありませんでした。

検索エンジンにインデックスされないようにする

テストサイトは本番サイトと同じものを用意するので、Googleの検索ロボットに見つかった場合に重複サイトと見なされないように、検索エンジンにインデックスされない設定にします

WordPressの管理画面の左にあるメニューから、設定>表示設定を選んで「表示設定」を表示します。

表示設定画面になったら、「検索エンジンでの表示」で検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れます

最後に「変更を保存」をクリックして保存すれば完了です。

WordPressでの設定

ただ、次項のBasic認証をかけておけば検索エンジンが訪れることはないと思いますが念のため。

Basic認証をかける

テストサイトを作ったとき、そのままではアドレスさえわかってしまえば誰でも見られる状態です。

また、前項でもご紹介したように、Googleの検索ロボットが訪れた場合には、本番サイトと重複したサイトと見なされ検索結果に影響が出てしまいます。

そこで、Basic認証」を利用してテストサイトを保護します

これで、ユーザー名とパスワードがないとテストサイトが表示されないようになります。

Basic認証

エックスサーバーの場合は、コントロールパネルから簡単に設定することができます。

なおのアイコン画像なお

これで、ユーザー名とパスワードを知っている人だけが見られるようになります^^

私の場合は別ドメインで作りました

テストサイトについてネットで調べたときには、本番サイトのドメインにサブドメインを作り、そのサブドメインにテストサイトを作る方法が一般的に紹介されていました。

本番サイト用のドメインに本番サイトがあり、同じドメインの中に場所を区切ってテストサイトがあるような形です。

私の場合はちょうど本業で以前使っていたドメインが余っていたこともあり、その余っていたドメインにサブドメインを設定して、本番サイトとは違うドメインでテストサイトを作りました

本番サイトと同じドメインの方がより近いのですが、心配性な私は、同じドメインの中に本番サイトとテストサイトの両方が入っているより、本番サイトとは別のドメインで分けて作った方が、完全に切り離されていて良さそうに思えたからです。

現在では、そのドメインはテストサイト用となり複数のテストサイトが入っています。

これはあくまで私の場合で、一般的には先に書いたように同じドメインでテストサイトを作る方が多いようです。

ご注意ください
最近では、レンタルサーバーにWordPressを簡単にインストールできる機能が用意されていることが多くなっています。

本番サイトのドメインにサブドメインを用意してそこにWordPressをインストールする場合、間違って本番サイトに上書きしてしまわないように、インストール先には十分注意しましょう

まとめ

今回は、WordPressでブログを運営する時には、テストサイトを作っておくと便利なことをご紹介しました。

WordPressやテーマ、プラグインなどのアップデートの際に、本番サイトでいきなり行うのではなく、テストサイトでまず動作確認してから本番サイトでも行った方が安心です。

また、プラグインを新しく追加したり、記事を書くためにテストを行ったりもできるので便利です。

本番サイトには影響せずいろいろとテストできるというメリットは大きいですので、テストサイトの運用もご検討ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる