ブログ初心者にこそおすすめのWordPressテーマ「SWELL」

こんにちは、なおです!

WordPressを使ってブログを始めるときに多くの人が悩む「テーマ」。

無料のものや有料のもの、また国内産から海外産まで、WordPressには本当にたくさんのテーマが存在します。

それによって同じWordPressで作られたブログでもそれぞれ個性が出るわけですが、初めてブログを始める私には、ネットでいろいろ調べてみても

なおのアイコン画像なお

で、どのテーマがいいの?

となってしまいました。

いろいろ試したり検討した結果、最終的に「SWELL」という有料のテーマを使って当ブログ「Korena Sorena(コレナ ソレナ)」をスタートしました。

この「SWELL」がどんなテーマなのか、またブログ初心者の私が「SWELL」を選んだ理由などをまとめたいと思います。

目次

WordPressのテーマ「SWELL」

当ブログは、WordPressに「SWELL(スウェル)」という有料のテーマを使用しております。

このテーマが「初心者の私におすすめのテーマだ」と感じたことについては後でご紹介するとして、まずはこの「SWELL」がどんなテーマなのかをご紹介します。

公式サイトを表示すると最初に表示されるキャッチコピー。

-シンプル美と機能性の両立-
ブロックエディター完全対応。圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ

さらに公式サイトには、デモサイトが6つ紹介されています。

そして、公式サイト自体も「SWELL」でできているとのこと。

私の第一印象がまさに「シンプルだけどカッコいい」でした。
関西弁で言うと、

なおのアイコン画像なお

シュッとしてるわー

そして、自分もこんなのをやってみたい!と思いました。

「SWELL」は、2019年3月に発売されて以降、頻繁にアップデートが繰り返されどんどん進化しています。

「SWELL」の特徴

価格

「SWELL」は有料テーマです。
価格は「¥17,600(税込)」

ブロックエディター周りの機能が試せる「無料のお試し版」も用意されていますので、気になる方はお試しいただけます。

ブロックエディター(Gutenberg)に完全対応

このテーマの最大の特徴だと思う点です。

WordPress5.0から標準エディターとして導入されたブロックエディター(Gutenberg)。

「SWELL」はそのブロックエディターに対応しているテーマなので、見たままというか直感的にどんどん記事を書いていくことができます

旧エディター(クラシックエディター)は使ったことがあったのですが、初めて使うブロックエディターに慣れるまで少しだけ時間がかかりました。

しかし、ブロックエディターの画面構成や簡単な使い方をちょっと覚えてしまえば、本当にスラスラと書けるんです。

難しい知識は必要なく、文章を書いてマウスで整えていくだけで、綺麗にできあがっていきます。

「ブロックエディター」+「テーマがブロックエディターに対応している」

これにより、こんなに簡単になるんだとちょっとびっくりしました。

PCでもスマホでも綺麗に表示

今では普通になった、PCでもスマホでも画面にあわせて綺麗に表示してくれる、いわゆる「レスポンシブデザイン」。

「SWELL」でも当然対応しています。

ブログを見る画面サイズに合わせて、見やすい表示に自動で切り替わります。

カスタマイズが簡単

ブログのデザインや機能などのカスタマイズは、ほとんど「カスタマイザー」で行うことができます

カスタマイザーではプレビューを見ながら設定や変更をすることができるので、初心者の私でも簡単にデザインの調整をすることができました。
(まだまだ使いこなせていないことも多いですが・・・)

支払いは一度きり

テーマを購入するときに一度支払いをすると、それ以降月額費用や年額費用などがかかることはありません。

複数サイトで使用可能

1つのライセンスで、複数のサイトに利用することができます

複数のサイトを運営する方にはありがたいですね。
(購入した個人、法人、団体が運営するものに限ります)

アップデートが頻繁

「SWELL」はどんどんバージョンアップしています。
公式サイトのアップデート情報をご覧ください。

頻繁にアップデートを重ね、新しい機能の追加や不具合の修正などが随時行われています。

  • 今までになかった新しい機能を追加
  • 不具合が見つかったらすぐに対応
  • 新しく更新されていくWordPressに対応

など、販売して終わりではないところが嬉しいですね。

アップデートも無料

上記のように頻繁にアップデートが行われますが、別途費用がかかることはありません。
アップデートは無料です。

マニュアルが丁寧

公式サイトにわかりやすく説明されている設定マニュアルが用意されています。

こちらはだれでも読むことができるので、購入前にどんなことができるのか見てみることもできますよ。

サポートもある

開発者の「了さん」のTwitterや購入者専用の質問ページなどで質問や要望をすることができ、開発者自ら返信してもらえます。
(あくまで開発者によるサービス対応になります)

開発者の熱意と誠実さ

開発者の「了さん」はフリーランスで、「SWELL」を一人で制作されました。

Twitterを拝見していると、日々改良に取り組まれている様子や投稿から誠実さが伝わってきます。

これらや今までのアップデートの情報などから、「SWELL」への向き合い方や熱意を感じ、このテーマを使いたいと思いました。(あくまで個人の感想です)

表示速度

Google PageSpeed Insightsで当ブログを計測してみました。

測定環境
エックスサーバー + WordPress ver5.3.1 + SWELL ver1.3.6.1
(別途子テーマをインストールしてそちらを有効化しています)

  • パソコン 98
  • モバイル 88
Google PageSpeed Insights PC
パソコン
Google PageSpeed Insights モバイル
モバイル

他のテーマと比べてみたことはないのですが、まずますの値が出ているんではないでしょうか。

豊富な記事作成機能

豊富なブロック装飾やSWELL専用ブロック

「SWELL」には、たくさんの記事を装飾する機能が用意されています。

ブロックエディターでは、文章を書いたらマウスでポチッとするだけで簡単に装飾することが可能です。
(旧エディター(クラシックエディター)にも対応しています。)

シンプルな枠線や背景色

たくさんの枠線や背景色が用意されています。

SWELL ver.2.0.5」より、これまでブロックスタイルとして提供されてきた修飾が、ボーダー設定とスタイルに分けられました。

これにより、ボーダーと背景色やスタイルを自由に組み合わせて設定することができるようになりました。

また、ボーダー設定は「ボーダーセット」で、4種類のボーダーを自由にカスタマイズすることも可能です。

細い線の枠

二重線の枠

点線の枠

太い線の枠

背景色は色設定から自由に設定

ストライプ

方眼

角に折り目

アクセントが効いた装飾

アクセントが効いた修飾もたくさんあります。

付箋風

吹き出し風

吹き出し風2

ステッチ

左に線

カギカッコ

カギカッコ(大)

窪み

浮き出し

アイコン付きのボックス(小)

6種類から選べます。

グッドアイコン

バッドアイコン

インフォアイコン

アナウンスアイコン

えんぴつアイコン

書籍アイコン

アイコン付きボックス(大)

こちらも6種類から選べます。

電球アイコン

チェックアイコン

バツ印アイコン

はてなアイコン

アラートアイコン

メモアイコン

リスト

箇条書きを行うリストブロックでは、デフォルトを含めて7種類のスタイルが選べます。

目次風

  • リスト
  • リスト

チェック

  • リスト
  • リスト

注釈

  • リスト
  • リスト

Good

  • リスト
  • リスト

Bad

  • リスト
  • リスト

丸数字

  1. リスト
  2. リスト

また、追加スタイルでは、「下線をつける」「横並び」が設定できます。(デフォルト以外)

下線をつける

  • リスト
  • リスト

横並び

  • リスト
  • リスト

また、グループ化を使用して、リストに枠線をつけたり、背景を修飾する方法こちらでご紹介しました。

SWELLだったら、クリックだけでこんなリストも簡単に作れます。

  • SWELLでは、グループ化を使って
  • リストに枠線をつけたり
  • 背景を修飾することができます。

マーカー

デザインは3種類から選べます。[細線、太線、ストライプ]
(下の例は細線です)

統一感を乱さないため1種類だけを選んで使うようになっています。

オレンジのマーカー

イエローのマーカー

グリーンのマーカー

ブルーのマーカー

ふきだしブロック

ふきだしブロックを使えば、ふきだしも簡単に使えます。

また、よく使うものは「ふきだしセット」にあらかじめ登録しておけば、ワンタッチで呼び出し可能です。

なおのアイコン画像なお

ふきだしも簡単に使えます

おくさんのアイコン画像おくさん

ふきだしセットを登録しておけば、ワンタッチでOK!

SWELLのふきだし機能についてこちらにまとめました。よろしければあわせてご覧ください。

キャプション付きブロック

スタイルは6種類、カラーはデフォルト+3色から選べます。
もちろんキャプションの文字も変更可能。

キャプション

スタイル:デフォルト
カラー:デフォルト

キャプション

スタイル:小
カラー:デフォルト

キャプション

スタイル:枠上
カラー:デフォルト

キャプション

スタイル:枠上2
カラー:オレンジ

キャプション

スタイル:枠内
カラー:ブルー

ここも変えれます

スタイル:浮き出し
カラー:グリーン

いろいろなボタン

ボタンのスタイルは4種類、カラーはデフォルトのグレーと3色から選べます。

FAQブロック

「よくある質問」などに利用できるFAQブロック。

アイコンの形や色、FAQブロック全体のデザインを設定できます。

こちらには質問を入れます。

こちらには回答を入れます。

こちらには質問を入れます。

こちらには回答を入れます。

カラムブロック

カラムブロックを使うことによってさまざまな配置が可能です。

カラムの中に画像やリストを入れることもできます。

グレーの背景は、カラムの中に配置した装飾ブロックによるものです。カラムブロックの機能ではありません。

スマホで見たときには、最大2列まで維持されます。(当ページはデフォルトの1列)

・2列のカラムブロック

カラム1

カラム2

・2列のカラムブロック(先頭:大)
末尾を大きくすることも可能です。

カラム1

カラム2

・3列のカラムブロック
ブロックエディターでは4列以上も可能です。

カラム1

カラム2

カラム3

・ステップブロック

作業の流れなどをきれいに見やすく紹介できる「ステップブロック」。

STEP
ステップのタイトル

ステップの内容

STEP
ステップのタイトル

ステップの内容

「SWELL」では、専用のブロックが用意されていますので、簡単にステップを追加して書いていけます。

ステップの種類は3種類。カラーやステップのスタイルなども変更可能です。

別記事で「ステップブロック」をご紹介しました。
よろしければこちらも合わせてもご覧ください。

・ブログカード

ブログカードも「関連記事ブロック」で簡単に追加。

内部リンクではIDを、外部リンクではURLを入力するだけであっという間にできあがります。

「SWELL」ではver.2.0.6で1種類デザインが追加され、3種類から選べます。

また、内部リンクと外部リンクでそれぞれ別のデザインが選べるようになりました。

その他の機能

目次の自動生成

記事の1つめの「H2の見出し(H2タグ)」の直前に、目次を自動的に生成することができます

カスタマイザーの「目次設定」で目次を表示するように設定しておけば、何も作業しなくても記事の中の「見出しH2(H2タグ)」と「見出しH3(H3タグ)」から自動的に目次が作られます。

目次の自動生成機能

記事スライダー

トップページの記事一覧の上に表示される、横に記事が連なって表示されるものです。

当ブログのようにメインビジュアルを設置している場合は、記事スライダーはメインビジュアルの下に表示されます。

デザインや動作など、カスタマイザーで細かく設定できます。

記事スライダ-

記事一覧のタブ切り替え

トップページの記事一覧の上に「新着記事」や「人気記事」、また好きなカテゴリーを追加して、記事一覧タブを表示できます。

こちらもデザインや追加するカテゴリーなどを、カスタマイザーで設定できます。

記事一覧タブ切り替え

そのほか、ピックアップバナー、Google Adsenseに関する設定や、アフィリエイト用のタグ管理、画像の遅延読み込み、キャッシュ機能など、たくさんの機能が用意されています。

ブログ初心者の方へおすすめのテーマです

有料テーマを使おうと思ったわけ

私自身が、今回初めてブログを始めた初心者です。

最初、無料のテーマを使用することを考えました。
人気の無料テーマは機能もデザインも良く、四苦八苦しながらとりあえずできあがりました。

それでも私がこれでいこうと踏み切れなかったこと。

  • わりと綺麗にできたけど、これだ!感がなかった
  • 技術を持った方なら自由に変更・追加できても、自分にはその知識や技術はないので、ひとつひとつ調べるのに非常に時間がかかる
  • いろいろ組み合わせて作ってみたけれど、これで問題ないのだろうかと自分で検証する知識もない

などでした。
表現が難しいのですが、何となく不安が残り「準備OK、これでいくぞ!」とスッキリしなかったのです。

また、

  • WordPressもどんどん新しくなっていく
  • たくさんの機能を維持する
  • それらの動作の確認をする
  • 不具合や機能向上のためにバージョンアップしていく

こういったブログを保守していくことを自分ひとりでやっていくことが不安になり、そこはテーマのプロにお任せした方が安心できるんじゃないかと考えました。

これらのことから、今の初心者の自分には有料テーマを使った方がいいんじゃないかと思うようになりました。

あくまで私の場合であって、決して無料だからダメ、有料だからOKということではありません。
何卒ご理解、ご了承ください。

「SWELL」がブログ初心者におすすめと思う理由

「ブログで記事を書きたい!」と早くやりたい気持ちがあるのに、その「記事を書き始める」までにまた止まってしまった私。

早く記事が書ける体制を作ろうと、有料テーマを検討していました。

ある人気の有料テーマをもう購入しようと思っていたとき、「他に何かないかな」と最終確認のつもりで検索したら、ふと出会った「SWELL」。

いろいろ検討した結果、最終的に「SWELL」を購入しました。

今から思えば、第一印象が大きかったかなと思います。
そして今では購入して良かったと思っています。

私がこのテーマを使って準備をしたり記事を書いてみて、これからブログを始める方に「SWELL」がおすすめだと思った理由は次のとおりです。

テーマをインストールしたらもうキレイ

購入後、テーマをインストール・有効化してあげると、もうその段階でキレイに整ったデザインになりました。
当ブログでも、大きくデザインの変更は行っていません。

「高機能だけど、自分で細かく設定してね」という難しい作業は必要なく、最初からキレイなデザインでスタートできるのは初心者に向いていると思いました。

カスタマイザーだけでほぼデザインなどを設定できる

デザインや各機能などは、ほぼカスタマイザーだけで行うことができます。

カスタマイザーでは、プレビューを見ながら設定していくことができるのでとてもわかりやすいです。

ブロックエディターで直感的に記事が書ける

クラシックエディターのサポートは2021年末までとのことで、いずれは終了してしまいます。

それならばちょうどブログを始めるところだし、「SWELL+ブロックエディター」に慣れてやろうと思ったのが大正解。

何度も繰り返しになって申し訳ないのですが、本当にスラスラと書けるんです

しかも、「あんなのができたらいいなぁ」と思っていたマーカーやアイコン付きのボックスなどの様々な装飾。
それらがマウスでパパッとできるのは嬉しいですよ^^

公式サイトに非推奨、推奨のプラグインの説明があった

初心者の私にとって地味に嬉しかったのが、公式サイトに非推奨なプラグインと、推奨プラグインについてまとめてあったことです。

ネットにはたくさんの情報がありますが、知識がまだまだ少ない私には判断が難しいときがあります。

そのようなときに、公式サイトに必要なプラグインと必要ないプラグインを書いてあると、まずはこれから始めてみようと安心して準備することができました

「SWELL」のおかげで早く記事が書ける体制を作ることができ、今ではストレスが少なく記事を書くことができています。

なおのアイコン画像なお

ブロックエディターって、ほんまええわー

ってなるテーマですよ。

WordPressのテーマをどうしようかという時には、ぜひ「SWELL」も検討してみてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる