プラグイン「WP Multibyte Patch」はどんなもの?インストール方法もご紹介します

こんにちは、なおです!

以前は日本語版のWordPressをインストールすると、最初からインストールされていたプラグイン「WP Multibyte Patch」。

WordPress5.0以降から一緒にインストールされなくなりました。

WP Multibyte Patch」は、WordPressを日本語の環境で使用するときに起こる不具合の修正と強化をしてくれます。

以前ネットで調べていたときも「インストールしたいプラグイン」とよく紹介されており、私も「とりあえず必要なもの」と使用してきました。

しかし、「WP Multibyte Patch」が具体的にどんなことをしてくれているのか詳しく知らなかったので、今回改めて調べてみました。

また、手動でインストールする方法もご紹介します。

目次

WP Multibyte Patchとは

WP Multibyte Patchはどんなもの?

WP Multibyte Patch」は、WordPressで日本語のサイトを作成するときにはインストールしておきたいプラグインです。

WordPressを日本語環境で使用する際に起こる文字化けなどの不具合の修正と強化をしてくれます

引用

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、なんらかの対策を行っていない場合は導入をおすすめします。

作者様のサイト:EASTCODER;
https://eastcoder.com/code/wp-multibyte-patch/(外部リンク)
プラグインの日本語の説明サイト

もともとは英語での表示を基本として開発されているWordPress。

英語を書くときに使われる、いわゆる半角文字(半角のアルファベット、数字、記号など)は、1バイト文字と呼ばれます。

一方、私たちが普段日本語で使用する、いわゆる全角文字(ひらがな、カタカナ、漢字、全角の記号など)は、2バイト文字になります。

バイト」というのは、コンピュータで使われるデータのサイズの単位で、全角文字のような2バイト以上の文字のことをマルチバイト文字と呼びます。

通常、WordPressを日本語環境で使用する場合「WP Multibyte Patch」がインストールされていなくても、ブログの記事などでは問題なく日本語が表示されます。

しかし、ときおりマルチバイト文字だから起こる文字化けなどの問題が発生します

WP Multibyte Patch」は、それらの問題を起こらないようにしてくれるプラグインです。
しかも、基本的にインストールしておくだけでOK、設定などは必要ありません。

なおのアイコン画像なお

見た目ではわかりづらいけど、けっこう大切なのね

WP Multibyte Patchがしてくれること

作者様の日本語の説明サイトを拝見して、その中から「WP Multibyte Patch」の主な機能をご紹介します。

  • 投稿の抜粋
  • 検索時の全角スペース
  • メール送信やトラックバック受信のときの文字化け
  • 日本語のファイル名の扱い

EASTCODER;
https://eastcoder.com/code/wp-multibyte-patch/(外部リンク)

投稿の抜粋

投稿一覧などで表示される投稿の抜粋が、正しく表示されないことがあるのを防いでくれます。

検索時の全角スペース

WordPressで検索するとき、複数のキーワードの場合はスペースで区切りますが、これを半角スペースだけでなく、全角スペースでも動作するようにします。

WP Multibyte Patch」が入っていないと、全角スペースは区切り文字として認識されません。

メールの送信やトラックバック受信のときの文字化け

メールフォームからのメール送信やトラックバックの受信のとき、特定の条件で起こる文字化けを防いでくれます。

日本語のファイル名の扱い

例えば「ひまわり.jpg」というような日本語を使用したファイル名のファイルをアップロードするときに、半角英数字を用いたファイル名に変換(ファイル名サニタイズ)を行ってくれます。

これにより、サーバーを移転するときなどに、日本語のファイル名のファイルだけうまくいかないといったことを防ぐことができます。

WP Multibyte Patchが無くなった

WordPress5.0以前の日本語版をインストールすると「WP Multibyte Patch」プラグインは最初からインストールされていました。

しかし、WordPress5.0以降では、一緒にインストールされなくなりました

なおのアイコン画像なお

あれ?なくなった?

もしかしてWordPressが日本語に完全対応したから「WP Multibyte Patch」はいらなくなったのか?

と調べてみるとどうやらそうではなく、リリースのタイミングを早くするために一緒にインストールされなくなったとのこと。

引用

日本語版独自の変更点
WordPress 5.0 以降、ダウンロード版日本語版パッケージに WP Multibyte Patch プラグインは含まれなくなります。これにより、日本語版は、自動パッケージ化・リリース化のためのシステム要件を満たすこととなり、パッケージシステムが選択する最短のタイミングでリリースされるようになります。

WordPress.org 日本語 – WordPress 5.0 利用開始前に知っておくべきこと
https://ja.wordpress.org/2018/11/04/things-to-know-before-using-wordpress-5-0/(外部リンク)

ですので、
「WordPressをインストールしたけど、前はあった「WP Multibyte Patch」が無い。壊れているの?」
ということではありません。

これは、WordPress5.0以降の仕様になります。

WP Multibyte Patchはいるの?いらないの?

上記のように、WordPress日本語版のリリースのタイミングに関するためで、日本語に完全に対応してWP Multibyte Patchがいらなくなったわけではありません。

WP Multibyte Patchは基本的にインストールしておくだけでいろいろな不具合を防いでくれます。

WordPress5.0以降で「WP Multibyte Patch」プラグインがインストールされていなければ、手動でインストールすることをおすすめします

なおのアイコン画像なお

他に対策をしていなければ、インストールしておいた方が良いですね^^

インストール方法

プラグイン「WP Multibyte Patch」を手動でインストールする方法をご紹介します。

プラグインの新規追加画面を表示する

管理画面

WordPressの管理画面にログインします。

画面左側のメニューにある「プラグイン」にカーソルに合わせると小さなメニューが表示されます。

その小さなメニューにある「新規追加」をクリックして、プラグインの新規追加画面を表示します。

WP Multibyte Patchの検索とインストール

プラグインの追加

画面右上にある検索ボックスに「WP Multibyte Patch」と入力します。

検索されて「WP Multibyte Patch」が表示されますので、そこにある「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

するとすぐにインストールが始まります。

有効化する

有効化

インストールが完了すると、ボタンが「有効化」に変わります。

有効化」ボタンをクリックして「WP Multibyte Patch」を有効化しましょう。

有効化が完了すると、インストールされているプラグインの一覧画面が表示されます。

プラグイン一覧

その中に、「WP Multibyte Patch」があり、背景が薄い青色になっていれば有効化されプラグインが動作している状態になります。

以上で、インストール作業は完了です。

なおのアイコン画像なお

設定などが特に必要ないのがうれしいですね

インストールと有効化
当記事でもインストールと書いていますが、WordPressのプラグインはインストール(WordPressに組み込む)しただけでは使う準備ができただけでまだ動作はしていません

インストールした後に「有効化」をしてあげることで、そのプラグインが動作します。
プラグインをインストールしたら、忘れずに「有効化」してあげましょう。

動作確認した環境

  • WordPress : ver.5.4
  • WP Multibyte Patch : ver.2.8.4

今回のプラグインは、上記の環境で動作を確認しました。

お使いの環境によっては動作しない、不具合が起こる場合があります。
あらかじめご注意、ご了承ください。

「WP Multibyte Patch」の詳細についてはこちら(外部リンク)
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-multibyte-patch/

まとめ

WordPressを日本語環境で使用する場合には、プラグイン「WP Multibyte Patch」をインストールしておくことをおすすめします。

特定の条件で起こる文字化けなどの問題をインストールしておくだけで防いでくれます。

私は今まで「とりあえず必要なもの」とあまり深く考えず使用していました。

WP Multibyte Patch」は、見た目に大きな変化はないので何をしてくれているのかわかりづらいところはありますが、今回記事を書くために調べてみてやはりインストールしておいた方が良いものだと改めて思いました。

WordPress5.0以降はデフォルトでインストールされませんので、もしなければぜひ手動でインストールしてみてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる